Skip to main content
JOCトークンは2024年に国内暗号資産取引所のBitTradeを通じてIEOの実施を目指しています。
JOCトークンについて
*本トークンは金融庁に正規登録された暗号資産交換業者でのIEOを経て、購入できるよう取り組みを進めています。それまでは、現在本トークンはどなたにおいても日本国内で販売及び購入することはできません。詳細はこちらをご覧ください。

Empower your web3 business

Japan Open Chain(JOC)は、世界中の誰もがブロックチェーン技術を安心・安全かつ実用的に利用できるよう、オープンで運営が明確なブロックチェーン・インフラをつくるプロジェクトです。皆さんのJOCコミュニティへの参加をお待ちしています。

JOC ニュース

プロジェクトの広がり

JOCは国内外の大手企業、テクノロジー企業、そしてグローバルコミュニティを有するパートナーと共同運営されており、日本、そして世界にチェーンを広げていきます。

  • 運営パートナー(バリデータ)
  • デベロップメント・パートナー
  • ステーブルコイン
  • JOCトークンホルダー
  • 一般ユーザー
    • 運営パートナー(バリデータ)

      Japan Open Chain上の取引データの妥当性を検証をします。

    • デベロップメント・パートナー

      JOCを発展させるためにご協力いただくパートナーです。

      インターオペラビリティ・プロバイダー

      インデックスサービス・プロバイダー

    • ステーブルコイン

      2023年の日本の法律改正に従い、銀行が発行するステーブルコインの基盤が構築されました。私たちは日本の銀行とともに協業して、次世代の金融システム構築を目指しています。

      ステーブルコインについて
    • JOCトークンホルダー

      JOCトークンは2024年に国内暗号資産取引所のBitTradeを通じてIEOの実施を目指しています。 IEO後、トークン保持者としてJOCをサポートいただくことができます。JOCトークンは仮想通貨として機能し、JOC上で起こる取引にかかる料金(ガス代)としても使用されます。

      JOCトークンについて
    • 一般ユーザー

      JOCは多種多様な産業でユーザーに利益を提供し、使用することができます。世界中の方がJOCのネットワークに参加可能です。

      金融地域創生情報・通信流通製造ゲーム・エンタメマーケティング

JOCコミュニティ

  1. STEP 1

    最新情報をフォロー!

    JOCではTwitterやDiscordなどのSNSだけではなく、Podcastを通じてweb3ビジネスに関する情報も提供しています。

  2. STEP 2

    JOCダッシュボードからメンバーシップNFTとJOCトークンをGet!

    JOC上で発行されたNFTはダッシュボードで閲覧できます。NFTをお持ちの方にはイベント招待などの特典も!

JOC ユースケース

  • ステーブルコイン

    金融機関発のステーブルコインをJOCで発行へ

    JOCは日本の金融機関と共にステーブルコインの発行に向けて、G.U.Technologiesが開発する法的要件を満たしたシステムを利用し、本番発行に向けた実証実験を進めています。ステーブルコインは現金決済と比べてコストやスピードに優れることから、企業間決済や国際送金における決済手段として利用が広がることが期待されています。

  • NFTを活用した地域創生

    加賀市によるe-加賀市民証

    石川県加賀市を訪れる関係人口を増やすことを目的としたe-加賀市民制度で提供される「e-加賀市民証NFT」が、世界中に向けてJOC上で発行されています。自治体や企業が取り組む、国内外に向けた地域創生プロジェクトにも最適なブロックチェーン・インフラとして、日本企業と日本の法律と規制の下で共同運営していきます。

JOCダッシュボード

JOC ダッシュボードは、JOCを利用するすべてのユーザーが利用できる Web アプリケーションです。JOC上の取引で必要なトークンの残高確認をはじめ、dAppsやNFTの開発を支援するサービスや保有するNFTなどをご覧になれます。

JOC Documentation

私たちはweb3とJOCについて学びたい方向けにDocumentationのページを随時更新しています。