Skip to main content

利用方法

一般ユーザは、ウォレットなどを通じて、各サービス事業者が運用する Transaction ノードに Endpoint を経由して接続し、ブロックチェーンデータの読み書きを行います。

書き込みには手数料通貨(ここでは手数料トークンと呼びます)が必要で、Transaction ノードに送信された Transaction データはノード全体が共有している Transaction Pool で共有され、Validator ノードによって検証されたのち、ブロックに書き込まれます。

読み込みに手数料トークンは基本的に不要ですが、アクセスが集中すると Transaction ノードのキャパシティを超える可能性がありますので、読み込みが集中する場合には適切に Transaction ノードを増強し分散する必要があります。なお現在は実証実験中のため、BlockExplorer を通じてブロックチェーン情報は公開されておりますが、Endpoint は一般公開されておりません。

ご利用を希望の方は参加フォームよりお申し付け下さい。